MAGAZINE

ブライダルマガジン

玄界灘で育った天然パールが放つ無垢な輝き。
女性の人生に、誇り高き重厚な白を。

 
maga1606_01
 
ローマ神話に登場する「結婚を司る女神JUNE」の名前や「6月の花嫁は幸せになる」というヨーロッパの言い伝えによって、日本でも人気の『ジューンブライド』。新しい人生の第一歩ですから、少しでも幸せになれる時期に歩み出したいというのが花嫁ゴコロですよね。
 
そんな花嫁にとって特別な「6月」の誕生石といえば、『パール』。昔から「パールは強力な守護力が宿っていて邪気から身を守ってくれる」と言われているので、船乗りは海難事故にあわないようにお守りとして身につけていたこともあったとか。結婚生活というまだ見ぬ航路を安全に進み、穏やかな航海になるようにと花嫁のお守りとして結婚式で身につけるのもいいかもしれませんね。
パールのジュエリーは冠婚葬祭や入学式や卒業式などフォーマルな席で活躍してくれるジュエリーなので、6月生まれやジューンブライドの花嫁じゃなくても1セット持っておくと良いと思います。私もそうだったのですが、19歳の厄年に厄払いとしてお母様から贈ってもらうことも多いようです。
 
maga1606_02
 
世界最古の宝石と言われているパールは、養殖が成功する1893年以前は天然しかなく、採れる量も少なく大変希少な宝石でした。あまりにも貴重なので、昔は半分に切って使っていたほど。今は養殖も可能になり身近なジュエリーになりましたが、やはり品質の高い天然のパールの希少性は未だに薄れてはいません。
 
パールの産地として日本3大産地としてあげられる、長崎県壱岐・三重県伊勢・愛媛県宇和島のなかでも天然パールに産地名がついているのは「壱岐パール」のみ。唯一鑑別書に産地名がついた名称で表記されるブランドパールなのです。長崎は昔から天然パールの産地として知られる場所で、壱岐は良質なパールを育てるための好条件がそろったリアス式海岸。ミネラル豊富なきれいな海水であこや貝を育てるため、近くに工場を作らないなど生育環境に配慮しています。
 
maga1606_03
 
天然の壱岐パールは、色味が青みがかった凛とした白でとてもきれい。ほとんどの産地のパールは女性のお顔同様、美しく見せるために着色しているものが多いのですが、壱岐パールのシルキーな青白さは天然の色なんです。人の手で着色をしていない無調色のままでこの美しさは環境の良さの賜物ではないでしょうか。無調色のパールは本来の美しさのまま長くご愛用していただけるので、世代を越えて受け継いでゆく価値があるパールだと言えます。
 
女性のお顔と同じなら「お化粧をしたほうがきれいに見えていいんじゃないの…?」なんてお考えですか?
いえいえ!お肌と同じく人工的にお化粧することは負担となり、変色などの劣化が早くなる原因になります。やはり素肌の美しさに勝るものはありませんよ(笑)
 

価値を決める判断基準。品質を保つ保管方法。
パールの美しさを損なわないためには?

 
パールにもダイヤモンドでいう4Cのような評価基準があり、色(白さ)・形(球体の美しさ)・キズ・大きさ・照り・巻きの6項目のバランスで品質を評価します。また、パールに顔や光を近づけたときに、表面にきれいに映るものがなめらかな表面を持つ高品質なパールと言われています。
 
maga1606_04
 
特にトミヤで取り扱うものは「色」にこだわっており、上品に見える青白い輝きを放つものだけを選定しております。天然の無調色で青みがかった美しい白さを持つパールは希少価値が非常に高く、実際身に着けてみると顔映りの差も歴然。気品高い存在感を放ってくれます。
 
真珠層の「巻き」の厚さは、内側から輝くような重厚感のある「照り」に直結します。「形」はきれいな丸ほど価値が高く、「大きさ」はより大きいもの、そこに「キズ」の有無などが合わさってパールの価値が決まってきます。
 
maga1606_05
 
せっかく上質なパールをお持ちでも、保管状態によっては劣化を招いてしまうことも。より長く美しさを保つためには、使用後は必ず柔らかい布で拭いて保管してあげてください。着用後、皮脂や汗が付着したまま直していると経年とともに黄色く変色してしまいます。また水分に弱い性質なので、湿気の多い場所での保管も避けてくださいね。
 
美しい着用バランスは、鎖骨あたりにくるような少し短めがベスト。トミヤではご購入時、お客様に似合う長さに合わせて調整いたします。その際に余ったパールを1粒ネックレスやピアスにリメイクすることも可能です。品質の良いパールは一粒でも凛とした存在感を放ってくれるため、気軽に着けられるジュエリーにリメイクされるお客様が多いです。
 
maga1606_06
パールを身に着けるフォーマルなシーンは案外多く訪れるもの。品格ある姿で長く美しくご使用していただくためには、本当に良い品質のものと出会えるかが重要です。球体というシンプルな形状ゆえに良し悪しが目に見えやすいので、パールの判断基準である6つの総合バランスの合格点ラインをトミヤでは高く設定しています。実は、買い付けの際に100本を鑑定しても1本も首を縦に振らないこともあるほど、トミヤの鑑定士は厳しいんですよ。
 
女性に似合うジュエリーの代表格といっても過言でない、パール。トミヤでは一生付き合える品質、さらに世代を超えて引き継げる価値あるものだけを取り揃えてお待ちしております。

SNS SHARE

Page Top

婚約指輪・結婚指輪を探す

担当者がご案内させていただきます。お気軽にお問い合わせ下さい。